Ubuntu 18.04 LTSの最小インストールと再起動直後の初期設定

Ubuntu 18.04 LTSリリース GNOME 3を採用した初の長期サポート版

このドキュメントでは、Ubuntu 18.04 LTS (Bionic Beaver:バイオニックビーバー)で追加された最小インストールの方法と、初めて再起動した後に表示される初期設定を紹介します。

Ubuntu 18.04 インストール

Ubuntu 18.04 LTS ReleaseNotes https://wiki.ubuntu.com/BionicBeaver/ReleaseNotes

Ubuntu 18.04の公式リリース日は、2018年4月26日です。

前バージョンのUbuntu 17.10で、Unityの開発が終了しGNOMEに原点回帰しました。Ubuntu 18.04は、標準デスクトップにGNOME 3を採用した初めての長期サポート版になります。

Ubuntu 18.04は、2年に一度リリースされる長期サポート版LTSなので、2023年4月までの5年間サポートされます。

ReleaseTeam - Ubuntu Wiki https://wiki.ubuntu.com/ReleaseTeam

Ubuntu 18.04の新機能や変更点

Ubuntu 18.04には、最小インストールオプションを初め、数多くの新機能や変更点が採用されています。

  • Linux kernel 4.15、GNOME 3.28にアップグレード
  • GNOME 3.28ではデスクトップアイコンがサポートされないため、ファイルマネージャはNautilus 3.26のままにしてアイコンを表示する(Nautilusには新しいサイドバーデザインが採用)
  • デフォルトのディスプレイサーバーにはXorgを採用、Ubuntu 20.04 LTSで採用予定のWaylandはテクニカルプレビュー版として提供する。
  • 最小インストールオプションが追加され、ブラウザと主なシステムツールのみのインストールが可能になった。また、再起動直後に初期設定画面が表示され、Livepatchやプライバシーの設定などができる。
  • Ubuntuのバージョン、CPUやメモリ等のハードウェア情報など、いくつかのシステムデータをデフォルトで収集する(再起動時直後の初期設定で無効にできる)。
  • 標準の日本語フォントが「Noto CJK JP」に変更になった。
  • デフォルトテーマには従来通りAmbianceを採用
  • システムモニタや電卓など、いくつかのアプリがSnap形式で提供される。依存関係に影響されないSnapアプリは、LTSサイクルの途中でより新しい安定板にアップデートすることが可能になる。
  • 新しいToDoアプリが追加された(ノーマルインストール)。
  • カレンダーに天気予報を表示できる。
  • LibreOffice 6.0にアップデート
  • 多くのアプリケーションでカラー絵文字をサポート
  • GNOME ShellがThunderbolt 3(USB3.0の8倍の速度を実現するIntelの接続方式)をサポート

Ubuntu 16.04からの主な変更点

また、2年ごとにUbuntuをインストールするLTSユーザーにとっては、Ubuntu 16.04からの変更点にも注意が必要です。

  • 32ビット版のデスクトップイメージの提供は終了。
  • Unityの開発は終了しているため標準デスクトップ環境はGNOMEになる。
  • Ubuntu Dockが標準ランチャーとして配置される。
  • ディスプレイマネージャがLightDMからGDM3に変更されたためログイン画面が変わる。
  • ウィンドウボタンは右側に配置される。
  • 標準でデスクトップにゴミ箱アイコンが表示される。
  • システム設定画面がタッチデバイス風のUIになる。

Ubuntu 18.04を最小インストールする

Ubuntu 18.04の新機能として、デスクトップ環境、ウェブブラウザ、そしてシステム設定ツールのみをインストールできる「最小インストール」オプションが追加されました。

Ubuntu 18.04を最小インストールすれば、例えば、LibreOfficeはCalcしか使わない、お気に入りの画像ビューアや音楽プレイヤーが他にある場合など、Ubuntuをインストールした後にアプリケーションの追加や削除をする手間を大幅に省くことができます。

Ubuntu 18.04のインストールには、ネットワーク接続が必要になります。Ubuntu 18.04をインストールDVD(※)で起動したら、まず、Wifiに接続しましょう。

トップバー右のシステムアイコンをクリックして、メニュー左下にあるツールアイコンをクリックします。

Ubuntu 18.04 Wifiに接続

Wifiのアクセスポイントが一覧表示されるので、いつも使っているWifiに接続しましょう。

なお、非表示設定のWifiに接続するには、タイトルバーのメニューアイコンから「Connect to Hidden Network」を選びます。

ネットワーク接続が確認できたら、デスクトップ上にある「Ubuntu 18.04 LTSのインストール」アイコンをダブルクリックしてインストールを開始しましょう。

最初に「キーボードレイアウト」画面が開くので、「日本語」を選択して次に進みます。

Ubuntu 18.04 最小インストール

次の画面にある「最小インストール」オプションが、Ubuntu 18.04 を最小インストールするためのオプションです。チェックして次へ進みましょう。

Ubuntu 18.04 インストールの種類

「インストールの種類」では、PCにインストール済みのOSが検出され、Ubuntu 18.04をどのようにインストールするかを設定します。

ディスク全体ではなく、パーティションを選んでインストールしたいときは、「それ以外」を選んで次に進みましょう。

Ubuntu 18.04 インストール パーティションの編集

デバイスリストからインストール先のパーティションを右クリックして、メニューから「変更」を選ぶと「パーティションを編集」画面が開きます。

「利用方法」は「ext4ジャーナリングファイルシステム」を選択、「パーティションの初期化」をチェックしたら、マウントポイントから「/(ルート)」を選んで「OK」ボタンで設定は完了です。

この後、「インストール」ボタンをクリックすれば、インストールが開始されるのですが、非常に困ったことが起きました。

モニタの解像度は「1366x768」なのですが、パーティションの編集画面に切り替わったときに画面が拡大され、「インストール」ボタンが画面の下に隠れてしまい、クリックすることができません。

インストール画面はリサイズ不可なので、結局、インストールボタンに割り当てられている「ALT+I」キーを押して、インストールを開始しました。

なお、この現象はインストールの種類で「それ以外」を選んだときだけ発生するようです。

あとは、「住んでいる地域」「コンピューター名とユーザー名」と設定して、インストールが完了するのを待ちましょう。

インストール時間は、約25分でした。最小インストールでは、インストールの最後に不要なアプリやパッケージを大量に削除するため、従来よりも時間がかかるようですね。

また、Ubuntu 18.04をクリーンインストールした状態で、消費ディスク容量は4.4GB、起動直後のメモリ使用量は1.2GBでした。

※ Ubuntu 18.04のダウンロードやインストールDVDの作成方法は、Ubuntuのダウンロードページを参照してください。

Download Ubuntu Desktop https://www.ubuntu.com/download/desktop

Ubuntu 18.04に最小インストールされるアプリケーション一覧

Ubuntu 18.04を最小インストールした場合にインストールされるアプリケーションやシステムツールは、以下のとおりです。

  • Firefox
  • 日本語Mozcの設定
  • Ubuntuソフトウェア
  • システムモニター
  • ソフトウェアとアップデート
  • ソフトウェアの更新
  • テキストエディタ
  • ファイルマネージャ
  • 言語サポート
  • 自動起動するアプリケーションの設定
  • システム設定
  • 端末
  • 電源使用率
  • 電卓
  • 入力メソッド

また、ユーティリティとして以下のツールがインストールされます。

  • Fonts
  • アーカイブマネージャ
  • スクリーンショット
  • ディスク
  • ドキュメントビューア
  • パスワード
  • ヘルプ
  • ログ
  • 画像ビューア
  • 文字(顔文字の一覧が表示される)

たったこれだけです。オフィスやゲーム、また、メディア系のアプリはインストールされません。

Ubuntu 18.04の再起動直後の初期設定

Ubuntu 18.04では、インストールが完了して初めて再起動したときに、初期設定画面が表示されるようになりました。

Ubuntu 18.04 初期設定 Livepatch

「ようこそ」というメッセージの次の画面で、「Livepatch」のセットアップ画面が開きます。

Livepatchとは、Ubuntu 18.04上での作業を中断することなく、重要なセキュリティパッチをインストールすることができるようになる機能ですが、その利用には「Ubuntuシングルサインオン」アカウントが必要になります。

新規アカウントの取得は、「Livepatchをセットアップ」ボタンからできますが、特に必要なければ次へ進みましょう。

Ubuntu 18.04 初期設定 プライバシー情報

Ubuntu 18.04はデフォルトで、使用しているハードウェアなどのプライバシー情報を収集します。

プライバシー情報を送信したくないときは、「No, don't send any info」を選択して次へ進みましょう。

Ubuntu 18.04 初期設定 アプリケーションの紹介

続いて、アプリケーションの紹介画面が開きます。こことでは「Ubuntuソフトウェア」を起動することもできます。

Ubuntu 18.04 初期設定 使用する準備完了

これで初期設定は完了です。あとは「Ubuntuを使い始める」ボタンをクリックして、Ubuntu 18.04の使用を開始しましょう。

※ Ubuntu 18.04をインストールした後に行う設定変更については、以下の記事を参照してください。

Ubuntu 18.04をインストールした後に行う設定変更

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2018 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

Ubuntuアプリ最新記事

Vue Calc - Googleフォントが美しい履歴付きの電卓アプリ May 26, 2018

Window Corner Preview - 画面の隅に小窓を表示できるGNOME拡張機能 May 23, 2018

Ubuntu 18.04でGNOME拡張機能をアップデートする方法 May 19, 2018

Ubuntu 18.04で最初に行う12個のおすすめ設定 May 17, 2018

termdown - 端末にアスキーアートのタイマーを表示するコマンド May 16, 2018

Panorama - CPUとメモリの使用状況を大きなグラフで表示するシステムモニタ May 12, 2018

Ubuntu 18.04をmacOS風にするおすすめテーマ5選 May 03, 2018

Ubuntuアプリのいいところについて

Ubuntuのインストールやシステム設定、シンプルで直感的に操作できるUbuntuアプリ、美しいテーマや壁紙などを、わかりやすいように紹介していきます。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com