Sharp-Tune 深紅のハイライト色が印象的なシンプルデザインの音楽プレイヤー

ウィンドウ左側に大きなコントロールを右側にプレイリストを配置

Sharp-Tuneとは、Electronフレームワークで開発されたクロスプラットフォームの音楽プレイヤーです。

Sharp-Tune 音楽プレイヤー

GitHub - MD-AZMAL/Sharp-Tune

膨大な音楽コレクションを管理するのではなく、選択したフォルダ内の楽曲をシンプルに再生したいときにおすすめなのが、Sharp-Tuneです。

深紅のハイライト色が印象的で、ウィンドウの左側中央に再生コントロールとボリューム、右側にプレイリストを配置するという、他にはない斬新なデザインを採用しています。

また、最新バージョンの1.0.2では、ウィンドウ左側下部にオーディオビジュアライザーも追加されました。

アルバムアートの表示やレイアウトの切り替え、また、タグ編集機能などは一切なく、シンプルに音楽を再生するだけの音楽プレイヤーです。

Sharp-Tune 音楽プレイヤーのインストール情報

  • Ubuntuのバージョン : Ubuntu 18.04
  • アプリのバージョン : Sharp-Tune 1.0.2
  • インストール方法 : GitHubのリリースページから「sharp-tune-1.0.2-x86_64.AppImage (49.3MB)」をダウンロードして実行権限を与える
  • アプリの起動方法 : アプリケーションの表示から「sharp-tune」で検索して起動
  • アンインストール方法 : AppImageファイルとともに「.local/share/applications/」フォルダ内にあるデスクトップ設定ファイルを削除する。

Sharp-Tune 音楽プレイヤーの使い方

Sharp-Tuneは、インストール不要のAppImageとして提供されています。

ファイルマネージャからプロパティを開いて、「アクセス権」タブにある「プログラムとして実行可能」をチェックしたら、ダブルクリックして起動しましょう。

初回起動時には、アプリケーションアイコンを登録するか尋ねられるので、アプリケーションの表示から検索できるようにしたいときは、「Yes」ボタンでデスクトップ設定ファイルを生成しましょう。

Sharp-Tune 音楽プレイヤー フォルダの選択

Sharp-Tuneを起動すると、なにもないウィンドウが表示されます。

「File」メニューから「Select Folder」を選んだら、再生したい楽曲ファイルが含まれているフォルダを選択しましょう。

Sharp-Tune 音楽プレイヤー プレイリスト

すると、ウィンドウ右側のプレイリストに楽曲が表示されるので、あとはクリックして再生するだけです。

AppImageアプリは、まだまだ日本語が文字化けするものが多いのですが、Sharp-Tuneは日本語の楽曲名も問題なく表示されますね。

Sharp-Tune 音楽プレイヤー コントロール

ウィンドウ右側には、中央に大きな再生コントロールとボリュームコントロール、そしてその下にオーディオビジュアライザーが配置されています。

まだまだ開発の初期段階ということもあり、ショートカットキーはサポートされていないので、マウスで操作しましょう。

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Copyright © 2009-2018 Ubuntuアプリのいいところ. All Rights Reserved.

スポンサードリンク

Ubuntuアプリ最新記事

Nimbus Weather 時間や日ごとの気温をグラフで表示する天気アプリ Jul 21, 2018

Transparent Window Moving - ウィンドウ移動時に半透明にするGNOME拡張機能 Jul 14, 2018

Newaita - レトロな雰囲気と最新のカラーを融合させたアイコンテーマ Jul 08, 2018

Sharp-Tune 深紅のハイライト色が印象的なシンプルデザインの音楽プレイヤー Jun 30, 2018

Ubuntu 18.04を少しだけ便利にする新作のGNOME拡張機能 Jun 24, 2018

Ubuntuアプリのいいところについて

Ubuntuのインストールやシステム設定、シンプルで直感的に操作できるUbuntuアプリ、美しいテーマや壁紙などを、わかりやすいように紹介していきます。

ご連絡はこちらまでどうぞ
sg.inagaki@gmail.com